2006年11月20日

乙女はお姉様に恋してる 第6話「夏の日の狂想曲」

ついに、瑞穂の水着姿キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!

ががががが、学校の授業と言うことはスク水!

と、思ったらどうもナニがはみ出すから諸々の事情で水泳はヤヴァいそうです。
まりあもそのことで頭を抱えますが、そこに妙案が!
要するに、泳げない理由を作ればいい→女の子の日大作戦!

と言うことで、瑞穂が保健室にその許可を取りに行く訳ですが、がちがちに緊張して逆に怪しまれるんじゃ・・・ってぐらいです。
何とか、無事に許可も取れて更衣室へ。
いつものごとく、紫苑さんとまりあと着替えは一緒なのですが、
紫苑さんはすっかり瑞穂が男だって事を忘れてたみたいで、
「私も結構たいへんな方で・・・」
とか、瑞穂が返答に困るような受け答えを・・・

てか、すっかり忘れられるほど瑞穂がとけ込んでるって事なんでしょうが
なんかなぁ・・・

そう言うわけで、水泳の授業が始まってから4回全ての授業を見学ですごした瑞穂さん。
でも、4回も連続で見学をすると言うことを疑問に思った生徒会長こと貴子さんが瑞穂の前に立ちはだかります!

ついに、男だってばれたか!

誰もが、緊張した。
しかし、貴子さんは瑞穂が金槌だから見学していると勘違いしているようで何とかセーフ。
しかも、何故かまりあと貴子の因縁の対決へと発展!
もはや、主人公は置いてきぼりです。

まりあと貴子の対決は不公平の無いように水泳でと言うことに・・・

その日から、両者ともに特訓を始めます。

そんなある日、瑞穂が貴子さんを昼食に誘います。
貴子さんとまりあの因縁は、陸上部に勧誘されておきながら生徒会にはいるためにそれを断ったため、まりあはそれが気にくわなかったと言う所から来ているらしいのです。

・・・いや、まあ解らんでもないけどちょっと、ねえ^^;

それをあらかじめ察していた、瑞穂さんに感服する貴子さん。
しかし、連日の特訓と生徒会の雑務から来る疲労が祟ったのか急に倒れてしまいます。
それを受け止め、そのまま木陰で膝枕!

個人的には紫苑さんの時みたいに、お姫様抱っこで走るのかと予想してたんですがはずれた。


で、ついに、決戦の日です!


なのですが、書いてもあんまり面白く無いので以下略
結果だけ言うと、どっちが勝ったかは曖昧なまま終了でした^^;


今回なんですけど、瑞穂さんが水着を試着したりで来ているシーンが多々あったわけですが、どうみてもシリコンパットじゃない!
アレは立派なお胸様じゃ!
と、思うようなシーンが多々・・・

・・・あれ?主人公が男だって設定だんだん薄れてきてない?
タグ:おとボク
posted by りんざ at 23:03| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙女はお姉様に恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乙女はお姉様に恋してる 第5話「真夜中の教会」

タイトルからして、いきなり一子成仏フラグが立っております。

始まりは、前回の直後から。
どういう訳か、瑞穂と一子が同室で暮らす(?)ことに・・・
で、まりあの提案で(と言うか無理矢理^^;)瑞穂の正体を一子にばらします。
と言うものの、口で言っても一子は理解できない模様(そりゃね^^;
そこで、まりあが瑞穂のスカートをずばーっとめくります!
ずばーっとですよ!ずばーっと!(意味不明

で、一子さんから率直な感想が!

「すごいです」

・・・ちょっと待て!貴様いったい何をみtfsなにwdふじこ;fls


まあ、そんなこんな紆余曲折で寮の面々とも仲良くなった一子。
だが、何故か寮の外に出ることが出来ない。(自縛霊だから仕方ないか^^;
しかし、なんと瑞穂と手を繋ぐことで外に出ることが出来たのであった!


え?どうしてって?
さあ?タブン瑞穂の母親が関係してるんじゃないの?(無責任

夜中にそっと、一子を教会へと連れ出す瑞穂。(注意:寮の出口でまりあにばれてます
教会のバージンロードをお姫様抱っこをして歩きます。
すると、なんと言うことでしょう!
一子の体は光に包まれ、天に昇っていきます。
そして、ある程度まで登るといっそう光が強くなってはじけてしまいましたとさ・・・

おしまい

では、ないです。

何と、瑞穂が寮に帰るとそこには一子が!

さすが、自縛霊!ちょっとやそっとじゃ成仏しねぇっぇぇぇぇぇ!
posted by りんざ at 22:04| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙女はお姉様に恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

乙女はお姉様に恋してる 第4話「開かずの扉の眠り姫」

新キャラ登場ですよ奥さん!

と、うきうきしながら見ていたわけですがAパートで全然出てこないorz

と、とりあえず、Aパート行ってみます。

いきなり、怪談からスタートです。
今の季節に何故?と思うがアニメの中では梅雨の季節!
うん、怪談の季節ですね。(ちょっと違うか?)

いつもの寮のメンバーが集まってまりあが怪談を話すわけですが、
由佳里怖がりすぎ。
何だろうけど、SDキャラで怖がってるから怖がってる感じというよりカワイイですね(ォ
で、他はどうかというと瑞穂も奏も全然怖がってないですね。

瑞穂曰く「まりあに昔から聞かされていた」とか、奏はワクワクしてきたとか・・・
こいつらつまらねぇな

まりあがひとしきり話し終わると、今度は奏のターンなのかこの寮にはお化けが出るだの何だのを喋ります。
何でも、瑞穂の部屋はいわく付きだとか、
何でも瑞穂の部屋だけ北向きだとか、
で、寮の部屋は端から順に埋まっていくのだが瑞穂の部屋だけその順番を無視しているとか、
由佳里には効果抜群!
まりあには効果はいまいち・・・
瑞穂はと言うと、よくある話だよねと言いつつ気になるよう。(そりゃ、自分の部屋だしな)

ただ、部屋の位置だけは何でも瑞穂の祖父の遺言でその部屋になったとか。(中の家具もそのまま使うようにとの指示まで付いていたそうだ^^;)


で、翌日
昨日の怪談が気になっているのか、授業中も上の空の瑞穂さん。
世界史の時間に貴子さんに注意されて、何気なくお化けの話をしてみたら

貴子さん動揺しすぎ!

でも、それを必死に隠して強がってみる辺りツンデレだなぁ・・・
うむ、ツンデレは良いですな。

で、その日の夜
由佳里は昨日の怪談が尾を引くのか、1人で眠れないと瑞穂の部屋に。
今日は一緒に寝たいとのこと。

て、いいのか?これ?

百合じゃ無いけど、百合なのか?
あと、瑞穂さん!「いいよ」って言ってから男だってばれたらどうしようとか心配するなよ!

次の日の朝

いつものように、まりあがお越しに来m
まりあフリーズ!→再起動→大噴火!

まあ、さすがに瑞穂さんは男ですからいい年した女の子と一緒に寝るというのはまりあ的にはNGだったらしい。

でBパート その日の朝以外のいつか

奏レポート完成。
奏ネットワークサービスの調べによると瑞穂の部屋は瑞穂が来る前は開かずの部屋として幾多の勇者を飲み込んで寮生から気味悪がられていたとか。
何でも、22年前にそこで1人の生徒が悲運の死を遂げたというとても悲しいエピソードがあるそうです。

その後、寮に帰ってもその話が頭から離れない瑞穂。
そんな、瑞穂を気にしてか奏がお茶を持って瑞穂の部屋に、
来たのはいいけど、死んだ寮生の話になったとたんポルターガイスと発生!

ええい!SSSを呼べ!SSSを!(違

奏が言うには、前にもこの部屋の家具を運びだそうとしたときにポルターガイスとが起こって、それに手を焼いた学校が高僧を呼んでクローゼットに死んだ生徒の霊を封印したとか・・・

これが後の高野山を破門になったぼうさんである。(違
てか、封印するなよ!成仏させてやれよw

で、そのクローゼットにあるお札の力が弱まっていると読んだ奏はクローゼットをゴソゴソあさって
・・・お札破りやがった

その瞬間、部屋中に蒼い光が満ち
どこからともなくドアノッカーが
封印が解かれたのかゴトゥーザ様死んだ生徒の霊が降臨!

したと思ったら、いきなり瑞穂さんにアタック!
お姉様!お姉様と連呼してすり寄る!
まさに、千年の恋も冷めるハイテンションだ!

言い寄るハイテンション娘は高島一子!
最初は、自分が死んだって理解してないし、理解させようとしてもなんか都合のいいように理解するしで、飛ばし放題だぜ!
で、何故瑞穂がお姉様なのかというと、自分のお姉様とよく似ているとのこと。

で、奏じは眠くなったので自分の部屋へ退散したんだけど、一子さんは寝る場所がない!

幽霊って眠るのかしら?

まあ、それはいいとして寝るところがないとなるともう道は1つしかない!
瑞穂さんと一緒に寝ましたとさ。

おしまいおしm

で、落ちがAパートと同じなんですけど・・・
しかも、絵が所々一緒だだだ!
続きを読む
タグ:おとボク
posted by りんざ at 23:00| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 乙女はお姉様に恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

乙女はお姉様に恋してる 第3話

ついにエルダーシスターが決定ですわ!!

と言うわけで、おとボク第3話です。
もうね。瑞穂さん流されすぎだぜ!
その流され具合がいいんだがな!ハハハハハッ!

とにかく、主人公がエルダーになるためにがんばる!
と言うより、取り巻きががんばってる感じです。いや、感じじゃなくてまさにそうだ!

がんばってる、まりあ達をよそに主人公は普通(?)に学校生活を送ろうとしているのですが、
どんな運命の糸を引いたのか、それともそれが必然なのか!?

選択授業の世界史でライバルの生徒会長!厳島貴子さんが隣の席に!
・・・なんか、こんな展開多いのは気のせいかな?かな?

貴子さんライバル心バリバリ!
主人公たじたじ!
てか、貴子さんの皮肉が通じない!強烈な皮肉がただの質問に聞こえる主人公!
世界史が楽しそうだから選択したってなんだそれ主人公!
今話題の世界史だぞ!履修し忘れると卒業に関わるとか言っておけよ!

結局、のらりくらりとかわされた感じがする貴子さんの怒りゲージは上昇!
メビウス1エンゲージ!って感じで今ならアグレッサー部隊も単機で行ける!(謎

さらに、授業が終わって会長室に戻ると手下が役員の方々(?)と君枝さんが選挙の根回しの打ち合わせをしてるしで、
それが、気に入らないのか役員に八つ当たり^^;;;
会長室から閉め出します。(オイオイ

まあ、それでも健気に根回しをする君枝さん。
まさに、信者の鏡です(ォ



いざ、選挙じゃ!

と言うわけで、投票して即日開票!
で、投票した当日に講堂で結果発表です。
どうやら、この学園は優秀な選挙管理委員会がそろってるみたいです。
・・・選管委員経験者から言わせればすごい努力してます。
82%の支持を得て瑞穂さんが当選します。

・・・82%って、ものすごい人気だな。
てか、どこの世界の花の国ですか?
なんでも、まりあ達の流した瑞穂さんのちょっとしたお話が尾ひれが付いてものすごい美談になったとかなってないとか。
いや〜、伝言ゲームって恐ろしいですねぇ。

当然、生徒会長は承認せず!
伝統をどうこう言い出して、
「おめーら!目を覚ませ!こいつはトンデモねぇ悪党だぞ!」(違
みたいなことを言い出します。

が、ここで紫苑さんが颯爽と登場します。
カッコイイです!さすが昨年のエルダーです!
発言力も抜群です!生徒会長の演説でひるんだ生徒も説き伏せます。
てか、生徒会長も説き伏せられます。



元々、体の弱い紫苑さんは無理をしたせいか壇上で倒れてしまいます。
倒れる紫苑さん!
あまりの出来事に、動揺する貴子さん!
講堂も一瞬にして空気が凍り付きパニックに!

しかし!そこに、ただ1人!そう瑞穂さんが紫苑さんを抱えて走り出します!

・・・ちょw何、この既視感のある映画のワンシーンw
お姫様だっこでダッシュって、ものすごくしんどいんだぜ!
しかも、抱っこしたまま壇上から飛んでるし!
危ないからよい子のみんなは真似しちゃ駄目だぜ!

まあ、無事に保健室まで紫苑さんを運んで事なきを得たのですが。
このシーンで、紫苑さんが
「やっぱり、瑞穂さんは・・・だったのですね。」
と言う台詞があるのですが、「・・・」の部分が消されてるような気もする。
ただ、意図的に言わなかったor台本に元から無かった可能性もあるのでなんだったのかは分からないんですけど。
(もしくは、言ってるけど東乃には聞こえなかった。)
ブラックラグーンでは、結構消してあるの多いので耳がそう言う風になってるだけかもしれないしね^^;;;

その後、主人公は紫苑さんの強い希望で講堂に戻り
もみくちゃにされます。
白馬の王子様みたいだったとか^^;;;;

と言うわけで、瑞穂さんは晴れてエルダーシスターとしての第一歩を踏み出したのであった!
終わり


貴子さんツンデレのツンの部分が来ましたね。
紫苑さんは本当に病弱と言うか体が弱いですね。
瑞穂さん・・・(*´Д`)ハァハァ
てか、今回おいしいところ全部持っていったぞ、おい。
勉強できるし、スポーツできるし、カッコイイし。
そのうち、非公式ファンクラブなんてものができるのではないかとニヤニヤしております。
そして、次回はついにクローゼットの亡霊登場だぜ!

続きを読む
タグ:おとボク
posted by りんざ at 19:15| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙女はお姉様に恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

乙女はお姉様に恋してる 第2話「けせない消しゴム」

何か、某ヤッホー(ォからおとボク関係ですっ飛んできてる方が最近多いみたいです。

まあ、大半の方は第1話の適当&意味不明なレビューを見て退散したと思いますが^^;;;

何というか、今回からは真面目に?レビューしたいと思います!

瑞穂がかわいすぎる!(死

話はどうやら転校して2日目の朝からなのですが、2日目にして凄い人気者です!
もう、下駄箱までの並木道で「おはようございます」と声かけられまくりです!
東乃は学生時代あのような光景は一度も見たことがありません!(違

しかも、それに愛想よく笑顔で答える主人公!
これでこそ、お姉様の鏡!

と言うことで、教室に着く頃にはすっかりお疲れ気味に・・・
なんだか、どっかの執事みたいに苦労性になりそうです。

で、初日は気づかなかったみたいですが第1話にちらっとだけ出てきて
主人公とすれ違っただけの謎の方が
隣の席に!

・・・いや、初日に気づこうよ主人公

で、謎の方は十条紫苑!
ほっと一息、主人公は筆箱開けたらキリンの消しゴム!
どん引きです!筆箱の中身に主人公どん引き!

東乃はキリンの消しゴムでもいいと思いますけどねぇ・・・カワイイじゃん
って、それが駄目なのか^^;;;

女子トイレに入れるようになったのはいいがやっぱり恥ずかしい。
そりゃそうだよね。
入り口から個室までダッシュするのが何というかほほえましい(ォ
細心の注意を払いながら用をたす主人公!
便器のふたも上げたままとか言うミスは二度と犯さない!
そこに痺れるあこがれる!


が、洗面台で紫苑さんに遭遇!
少し焦りつつも、無難に切り抜けるか!てか切り抜けろ!

・・・バレましたやん

男だって事がカミングアウトしました!
そのまま、中庭?(裏庭かな?)に連行される主人公。
問いつめられる!問いつめられる!そこへ救世主(?)まりあ登場!
が、やっぱりバレる・・・

しかし!この後事態は意外な方向へ!(笑)


バレたのはいいけど、紫苑さんあんまり男だって事を気にしてない・・・
ってか、むしろ楽しんでる!?

で、話は変わって体育の授業前・・・
着替えはどうするんだろう?と思ったら、まりあと紫苑さんに目隠しになってもらって着替えるのね^^;;;
うーむ、ちょっと(だいぶか?)うらやましいぞ!

あと、やっぱり体育でも目立っちゃうんですね^^;
長身でスタイルもよくて勉強もできて運動もできる。
しかも、学園生活にも馴染んできて紫苑さんの影響で気品まで出てくると・・・

なんか、女としてはいいのかもしれないが男として色々勉強に・・・なってるのか?

そうなってくると、学園内での人気もうなぎ登りとなるわけで!
エルダーシスターと言う全校生徒の模範生に立候補させようと言うことになって参ります。(主犯はもちろんまりあ)

主人公を差し置いて周りが盛り上がってるところへ、ラスボス(違)生徒会長降臨!
なんとその脇には、至る所で瑞穂をストーキング(違うって)していためがねっ娘が!

敵対心ばりばりの生徒会長の降臨で瑞穂のエルダーへの推薦はどうなるのか!?
果たして、まりあに秘策はあるのか!?
めがねっ娘の名前は!?
てか、瑞穂はこれ以上目立つとやばいんじゃないのか!?
あと、紫苑さん病欠でダブってるのね・・・

と、様々な謎を残して第2話終了となりました。
続きを読む
タグ:おとボク
posted by りんざ at 19:40| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 乙女はお姉様に恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

乙女はお姉様に恋してる

声優騒動の一見で見ないぞ!絶対見ないぞ!
と思っていたのに見てしまいました・・・

ちなみに、原作のゲームはやったこと無いんですよね^^;

内容については、ここより詳しいサイトさんがあると思うのですが・・・

一応、ざっとした説明。

祖父の遺言で男の子が女子校に通う羽目になります。以上(ォ

主人公なんですが、妹は思いっきり女だと思ってたそうだ。
すみません、男です。ってぐらいカワイイね。
もうね、性別なんてこの際関係ないんj(ry

まあ、その主人公が女装して女子校に通いそこでヒロイン達との云々があるわけです。
それだけと言ったらそれだけの話で終わるはずです(ォ

第1話は、さわりの部分ですので見逃しても大丈夫のはず。
何に、見てしまった東乃はorz
主人公の宮小路瑞穂が女学院に編入してくるところから始まるわけですが、
先生!そう緋紗子先生!乳揺れすぎじゃないディスカ?
って、サービスですか・・・ああ、1話にありがちなファンの心をぐっとつかむサービスね・・・(何
閑話休題
それにしても、主人公が編入試験の変わりに中間試験を受けさせられ、その結果が学年トップですか・・・
・・・いや、問題はそこじゃなくて編入試験の変わりに中間試験を受けさせる学校って。
待て待て、これは割とスタンダードな方式なのか?
正直、東乃は受けたこと無いんでわからないが普通は別に問題制作しないか?
あと、生徒会長!ツンデレなのか?
と、幼なじみにロリに元気っ娘、地味っ娘等々、とりあえず一通りそろってるなんてあり得ないよな!
等々、様々な謎(?)を残して第1話が終了しました。


一番の謎は何故主人公が女学院に入る事になったのか?と言うことでしょうね。
それは、話が進む内に追々分かることでしょうから一端放置がよろしかろう。


それにしても、「おとめ」と入力して変換すると「音姫」と出るのは私の辞書が素敵仕様になってるからに違いない。
あと、「瑞穂」と言われるとこの辺が頭に浮かんでくるのは東乃の頭が別の意味でオタク化してるからに違いない。
(ヒロインの名前って軍艦の名前に多いですよね(違))
タグ:おとボク
posted by りんざ at 00:22| 奈良 | Comment(1) | TrackBack(0) | 乙女はお姉様に恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。