2007年07月31日

仮面ライダー真?

「THE iDOLM@STER MASTER ARTIST 03 星井美希」と「THE iDOLM@STER MASTER ARTIST 04 菊地真」が明日ついに発売ですね。
東乃は我慢しきれずにフラゲしてしまったわけですが^^;;
大都市近郊とかだと割りと3週間前とかから予約していると1日前には入荷する模様。
ちなみに、Perfumeの新曲「ポリリズム」は先日予約したとき発売日後じゃないと入荷できない・・・と言われてしまいましたorz
うーむ、手に入る分にはいいんだけどなぁ。

それはさておき、曲の方ですが
03星井美希の新曲「ふるふるフューチャー☆」はLovePOPと言う感じ。
とても、美希らしいとしか言いようがない曲ですね。
もう、夏真っ盛りなのにこんなに熱い曲を持ってきやがってwこんちくしょう!
カバー曲は「涙のハリケーン」「すいみん不足」ですが、前者はまさに夏という感じ。
疾走感あふれる楽曲に美希のボーカルがよく合う!
かっこよさの中にかわいさがある、そんな感じのできあがりとなっていて美希の新しい一面を知ることが出来た。
後者は、すごく美希らしいです。
気怠さもアレンジにより当社比200%upと言う感じで、なんだこっちまで眠くなって・・・zzz

ハッ!つい眠ってしまった。
その他にも、「私はアイドル♡」のリミックスはちょっと驚かされましたね。と言うか苦笑?

次は、04菊地真の新曲「迷走Mind」はヒーローもののOPと言った感じ。
聞きながら目を閉じれば、どこかからバイクに乗った改造人間でも出てきそうな雰囲気だ!
曲を通して、真のかわいさかっこよさが伝わってくる。
歌詞の内容も、自分の生き方に迷いながらも進む姿が描かれており某アニメとのシンクロ真のかっこよさを存分に引き立たせている。
新録カバー曲の「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」は「迷走Mind」とは打って変わって、真のかわいさの部分が乙女な部分を引き立たせる曲となっている。
東乃としてはリクエストしたプロデューサーGJと声を大にして言いたい。
また、新録では無いが「仮面舞踏会」も収録されており、こちらは全国の淑女な方々がノックアウトされそうな出来となっている。
正直、東乃もノックアウトされたのは秘密だ。
他の収録楽曲も「エージェント夜を行く」を筆頭に素晴らしい出来となっている。

あと、このアルバムシリーズ共通の新曲「i」はどうやら各アルバムごとにアレンジが変わっているようだ。
バンナムもコロムビアもファンに大盤振る舞いで、正直、作詞作曲家陣の体調も心配だ。

とにもかくにも、8月1日発売の魅力的な楽曲とトークが詰まった「THE iDOLM@STER MASTER ARTIST 03 星井美希」&「THE iDOLM@STER MASTER ARTIST 04 菊地真」は買いですよ!
タグ:フルまっこ
posted by りんざ at 22:54| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

あるオタクの顛末記

どうも、大学を中退か留年が妥当なラインになってきた東乃です。

まあ、それはさておき「アイドルマスター XENOGLOSSIA」が最終回に向けて走り出しましたな。
もう、何がなんだか・・・の状態になりつつありますがまだ付いて行ってます。
いや、もう展開的に「舞-HiME」とか「舞-乙 HiME」になってるんですが^^;;;
今週の放送では「雪歩がぁ!雪歩が!」と言う感じでした。
ああ、なんかバラバラになっていくんだなぁ。
「雪の降るまちを」を彷彿とさせるようなストーリーでした。

やっぱり、サンライズに任せたのが間違いだったのか、それとも正解だったのか・・・
正直、今の段階では正確な判断は下せない。
とりあえず、原作を知らないでも楽しめるという点では成功してるとは思いますよ。
ただ、原作知ってると心境的に微妙だなぁ・・・
もうね、真の扱いが(´・ω・`)

だが、最終回まで見るつもりですよ・・・タブン。

そう言えば、前期のアニメはどのぐらい最終回まで見たかというと・・・
・シャイニング・ティアーズ×ウィンド
だけ、最終回まで見ました。
結局、solaと神曲奏界ポリフォニカは最終回まで見なかったな。
その他は、今期も継続中で現在見てるのは、
・リリカルなのはStrikerS
・ギガンティック・フォーミュラ

らき☆すたは切りました。
なぜだか見る気が起きなくなった。理由は以上。

後、アイドルマスター XENOGLOSSIAとヒロイックエイジ、精霊の守人を追加で見てたりする。
てか、「精霊の守人」のクオリティは神すぎる。
ナニアレ?NHKさん金の使い所間違ってないか?
と言うぐらいすごい。俺はNHKのアニメを見るためだけに受信料払ってもいいね。

うーん、ちょっと長くなったが最後にこれだけ言わせてくれ。
ギガンティック・フォーミュラの話の展開がもっさりしすぎてないか?
もう、何というか毎回「わー、すげー」で終わってるような気がして。
最初は、Gガンダムみたいに激しい熱血ものを予想していただけにちょっと肩すかしな気分。
その点で言えば、「リリカルなのはStrikerS」は熱くなり過ぎw
もう、魔法少女と名乗れないほどの熱血ぶりです。
俺は、そっちの方も好きだけど正直付いて来れなくなった人も居る模様。
タグ:時間よ戻れ
posted by りんざ at 21:17| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

そして、再課金へ

この3日間、大航海時代ONLINEで登場する料理ばっかり作っていたため再課金したくなってしまい。そして、再課金・・・
とりあえず、調理レベルを上げようと神秘の香辛料を使って魚介ピザを大量生産しよう!
と意気込んだのはいいですが・・・
ファマガスタが大海戦前のため投資が出来ない・・・
もちろん、私は「東地中海の名物料理集」のレシピを持っていない。


・・・わざわざファマガスタにまで行ったのに、投資が出来ませんとか街役人に殺意が沸きましたよ。

仕方ないので、しばらく豚をしばきながら調理レベルを上げようと思います。
タグ:DOL
posted by りんざ at 21:42| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代ONLINE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

南米の冠たる国−1941年 南米は地獄を見た?

1月
WS000189.JPG
今年も、独裁制にスライダーを振りました。
とりあえず、昨年のパラグアイ戦で宣戦布告したとたん国民不満度が8.8%とかになったので少しでも減るように独裁制に振ったのですが、介入主義の方がよかったかなぁ・・・
とりあえず、不満度を減らさないとと思ってたら「軍事パレード」イベントが発生!
WS000192.JPG
何というか、パラドも過激だなぁ・・・
あ、こんな写真乗せたらうちのブログなんてひとたまりもないので大人の事情で修正してありますけど^^;;;
不満度が下がるのはいいんですけど、流石にまずいだろ。

「従深兵站組織」の開発が終了。「基本型山岳師団」の研究を開始。

2月
不満度が下がるまでやることがないし、ヨーロッパでは英本土から戦略爆撃してるだけだしで爆撃機を持たないブラジルは蚊帳の外。
まあ、持っていてもわざわざヨーロッパまで派遣するかどうかは不明ですが(ォ

「発展型計算機」の開発が終了。「初期型戦車」の研究を開始。

3月
ドイツがユーゴスラビアに侵攻。ユーゴスラビアが連合入りし、ブルガリアが枢軸入り。
どうやら、ドイツはユーゴからギリシャを叩く模様。
WS000193.JPG
アメリカが我が国の独立を保障。
だからどうしたの?って感じだが、久々にブラジルに関係するイベントだったのでうれしかった。それだけ。

「基本山岳師団」の研究が終了。「基本対戦車砲」の研究を開始。

4月
我が国で初の秘密兵器が登場!
だけど、電子コンピュータなんて数学者の居ないブラジルには高嶺の花です;;
あと、フランス様が気前よく青写真をくれるようになりました。
WS000194.JPG
まあ、研究ラインが1しかない国になっているのでそのうち枯渇しそうですが、貰えるものは喜んで貰っておきましょう。

「ゴイアス」と「マラバー」でインフラが1完成!
「基本対戦車砲」の研究が終了。「急降下爆撃ドクトリン」の研究を開始。

5月〜7月
ギリシャ終了のお知らせ。
WS000196.JPG
そして、ヘスも終了のお知らせ。
WS000197.JPG
ヘスのイギリスへの単独飛行を知った総統は怒りにまかせてギリシャをドイツとイタリアで分割する事を決定した模様。
WS000198.JPG
ペルーとエクアドルで10日戦争が起こった模様。
ただ、ペルーが占領したプロヴィは何の価値もないような気が・・・
そして、ついに独ソ戦が始まる。
WS000200.JPG
HoI2最大の陸戦なのだが、遠く離れたブラジルはなま暖かく見守るしか出来ないのであった。
で、中国共産党が同志の危機を察したのかドイツに宣戦布告。
WS000201.JPG
共産党!後ろ!後ろー!

一方、我が国では・・・
WS000202.JPG
大統領自らが初の急降下爆撃部隊の指揮官に就任していた。

「初期型戦車」の研究が終了。「基本戦術爆撃機」の研究開始。
「急降下爆撃ドクトリン」の研究が終了。「直上支援ドクトリン」の研究を開始。
「統合支援ドクトリン」の研究が終了。「初期型戦艦」の研究を開始。
「直上支援ドクトリン」の研究が終了。「艦隊補助空母ドクトリン」の研究を開始。

8月〜12月
イギリス様が青写真を恵んでくれた。
WS000204.JPG
正直、あんまりうれしくない。
10月には
WS000205.JPG
後ろー!後ろー!・・・あ
中国共産党終了のお知らせが届きました。
その直後に、新彊と日本が同盟を締結。
日本はソ連と枢軸陣営に同時宣戦布告という奇妙な世界になってきました。
で、11月に
WS000206.JPG
ば、馬鹿な!ハルノートに合意だと!?
歴史の歯車なんて言うものはとっくに無くなっていたようだ・・・

8月「基本戦術爆撃機」の研究が終了。「改良型自動車師団」の研究を開始。
「マラジョー」で工場が1完成。
9月「初期型戦艦」の研究が終了。「組立実験」の研究を開始。
「アスンシオン」でインフラが1完成。
「マットグロッソ」でインフラが1完成。
10月「改良型自動車師団」の研究が終了。「改良型歩兵師団」の研究を開始。
11月「艦隊補助空母ドクトリン」の研究が終了。「戦場阻止ドクトリン」の研究を開始。
12月「改良型歩兵師団」の研究が終了。「初期型自走砲」の研究を開始。
「戦場阻止ドクトリン」の研究が終了。「夜間攻撃ドクトリン」の研究を開始。

結局、去年の暮れに目指していたボリビアとの開戦は出来ずじまい。
来年こそはと思いつつ、おかしな世界にきたもんだと周りを見ながら首をかしげるばかり・・・
それにしても、地獄と言うにはほど遠いぐらい平和だなぁ・・・
タグ:地上の楽園
posted by りんざ at 20:33| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HoI2AAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米の冠たる国−1940年 ようこそ世界大戦へ

1月
独裁せよ!独裁せよ!
WS000182.JPG
と言うわけで、今年も独裁制へ振りました。
これで、やっと絶対王政主義へ変わったので不満度さえ考慮すれば宣戦布告し放題!
まあ、好戦性上がりまくって雲南のようにならないよう注意はしますけど^^;
とりあえず、去年の12月頃騎兵*2を1ライン使って生産中。
騎兵は1師団1月中に完成。
1月から砲兵を2ラインと歩兵*61ラインを生産中なので、夏頃に開戦になるとは思う。

「戦場破壊ドクトリン」の研究が終了。「初期型病院システム」の研究を開始。
「機動防御ドクトリン」の研究が終了。「スタンドオフドクトリン」の研究を始める。
マットグロッソでインフラが1完成。

フィンランドで冬戦争が終わった模様。
フィンランドは併合されずに南部の2プロヴィンスを割譲することになったとのこと。
まあ、この事が後のソ連にどう影響を及ぼす事やら。

2月
「生産計画」の研究が終了。「作戦的破壊ドクトリン」の研究を始める。
工場がサルバドールで完成。これで基本IC49、実質IC59に。

3月
歩兵1師団と騎兵1師団が完成。
これで、ブラジルは合計7師団になった。
騎兵の生産が終わってICが余ったので山岳兵と砲兵と輸送船団の生産を始める。
でも、砲兵旅団の生産でいくらかICが持って行かれるためどれも満足に生産できずorz

ドイツでウェーゼル演習が発動。
連合国の一員だが、正直ヨーロッパ戦線はもうどうでもいい感じになってきた。
きっと、総統はうれしそうに「これは演習ではない!」とか叫んでるんだろうなぁ・・・

4月
わずか6日でデンマークは降伏。
WS000183.JPG
国土面積的に仕方ないけど、せっかく連合入りしたんだからもうちょっとがんばってよ・・・
あと、下旬にイギリスの首相がチャーチルに替わる。
でも、国家元首がIC-10%のエドワード8世・・・

5月
WS000184.JPG
史実通りドイツが「マンシュタインプラン」に沿って黄色作戦を発動。
これから、通り道国家の悲劇が始まるわけですな・・・
もちろん、ブラジルは何をするわけでもなくひたすら傍観させてもらいます。
5月8日
ルクセンブルクが併合される。やっぱり、地下に古代兵器でも眠ってない限り生き残る道は無いみたいだ・・・
5月26日
すっかり忘れていたノルウェーが併合される。
ベネルクス三国はすでにベルギーを残すのみとなっていた。
太平洋方面ではアメリカが対日石油輸出禁止を決めたようだ。
どう見ても、日本を追いつめて真珠湾コースなんだが狙ってるのか、はたまたこれでお灸を据えているつもりなのか・・・
とりあえず、日本に石油をボッタクリ価格で提供してあげる事にする。

「カンピーナス」で工場が完成!ついに実質IC60、基本IC50となった。これで、大国まで後一歩!
「作戦的破壊ドクトリン」の研究が終了。「機銃掃討ドクトリン」の研究を開始。
「初期型病院システム」の研究が終了。「基本型近接航空支援機」の研究を始める。
再び、イギリスに青写真をねだろうと思ったら近接航空支援機を研究してないみたいなのでフランスにおねだり。
「基本型近接航空支援機」「機銃掃討ドクトリン」「兵站攻撃ドクトリン」「ベテラン爆撃手の主導」「縦深兵站組織」の青写真をゲット。

6月
ついにベルギーも陥落。
フランスが陥落すれば連合国は大陸における足場を失うことになる。
果たして、フランスは持ちこたえることが出来るのか!?
そして、フランスがピンチのさなかイギリスがギリシャの独立を保障。
てか、そんな余力あるんだったら西部戦線を支えてやれよ・・・
6月29日
俺のバルボが死んじまったー!

「ゴイアス」「マラバー」「マカパ」でインフラ1が完成。
「機銃掃討ドクトリン」の研究が終了。「兵站攻撃ドクトリン」の研究を開始。

7月
6日にフランスでマジノ線が迂回される。
カエルはしょせんカエルだったと言うことか・・・
13日にはパリが陥落。もう、駄目だ。
17日ついにフランスが終了。南部にヴィシー政権が樹立してヨーロッパからたたき出されました。
同時に、テンパったイギリスがアイルランドに連合への加盟を要求。
当たり前のようにアイルランドはこれを拒否。
イギリスはアイルランドが枢軸に加盟することが怖いんでしょうな。

「ポルトアレグレ」「マラジョー」でインフラ1が完成。
「兵站攻撃ドクトリン」の研究が終了。「ベテラン爆撃手の主導」の研究を開始。

8月
アメリカで最初の武器貸与が発生。
と同時に、イラクでクーデターが発生!だけど、鎮圧・・・
直後、イラクがシリアに宣戦布告。まあ、シリア涙目な事は間違いない・・・

8月21日
ブラジルはパラグアイ川を渡河し、パラグアイに突如宣戦布告。
大統領は宣戦布告の20時間前に「パラグアイ川におけるパラグアイ漁民の長年の越境行為はブラジル経済にとって深刻な問題であり、18時間以内にこの問題についてパラグアイ側が何らかの行動を起こさないとブラジルが行動することになる」との声明を出していた。
なお、パラグアイはブラジルの越境行為こそ我がパラグアイにとって深刻な問題だとの声明をだし、ブラジルの忠告を無視した。

22日
ブラジルはパラグアイ川の渡河を断念。
両国はパラグアイ川を挟んで睨み合いを続ける。

「基本型近接航空支援機」の研究が終了。「生産管理」の研究を開始。

9月
2日 再びブラジル軍はパラグアイ川の渡河を決行。
3日 また、パラグアイ軍に撃退される;;同時にアメリカが不可侵条約を破棄し、ブラジル全土に緊張が走る。
5日 ウィーン裁定があったみたいだが、正直それどころじゃない。
6日 騎兵を南部のシウダーデルエステへ進撃させる。
27日 騎兵がシウダーデルエステへ到達。アスンシオン方面から進撃するパラグアイ軍を難なく撃退。
28日〜29日
WS000187.JPG
ついに、首都の防衛軍が壊滅。
パラグアイ併合は確実なものになった。

「ベテラン爆撃手の主導」の研究が終了。「改良型暗号作成機」の研究を開始。
くれる気配がしないのでイギリスに再び青写真をねだる。
「発展型計算機」「改良型暗号作成機」「基本型対戦車砲」「艦隊補助空母ドクトリン」「基本型戦術爆撃機」の青写真をゲット。
下旬にフランスが青写真をくれたが、駆逐艦と軽巡洋艦以外はあんまり役に立たない、原爆開発チームとか人造石油の青写真だった。
「マラジョー」で工場が1完成。
「クリティバ」でインフラが1完成。

10月
12日についにパラグアイを併合。正直ここまで手こずるとは思わなかった・・・
やっぱり、もう少し準備した方が良さそう。

「生産管理」の研究が終了。「縦深兵站組織」の研究を開始。
アスンシオンのインフラ40%には絶望した!

11月
イタリアがギリシャに宣戦布告。
まあ、援軍が到着するはずもなく併合されるんだろうなぁ・・・
と、思っていたらギリシャが「基本型山岳師団」の青写真をくれた。
ギリシャすげぇよギリシャ!見直したぜ!
でも、援軍は送らないけどなヽ(´ー`)ノ
WS000188.JPG
アメリカの大統領が史実とは違う方向へ・・・
もしかして、ブラジルがちょっとはじけてるためか?

「スタンドオフドクトリン」の研究が終了。「総合支援ドクトリン」の研究を開始。
「マットグロッソ」でインフラが1完成。

12月
フランスが何故か青写真をたくさんくれるようになった。
まあ、艦船系なんで研究しないかもしれないけど・・・

「改良型暗号作成機」の研究が終了。「発展型計算機」の研究を開始。

うーん、今年も終わったけどいざ戦争してみると準備をもっとしないとなぁと思う。
当面は20師団を目指すことにして来年当たり、ボリビア、ペルーを狙っていくことにしましょう。
タグ:地上の楽園
posted by りんざ at 00:41| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HoI2AAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

南米の冠たる国−1939年 その時、地球の裏側では・・・

1月
プロデューサーさん!独裁主義ですよ!独裁主義!
WS000168.JPG
なんだか、某春閣下のうれしそうな声が聞こえたような気がしたので独裁制へスライダーを振る。
と言っても、まだ社会保守派なので戦争は出来ない。
うーん、1939年中に南米の適当な国に宣戦布告の予定だったけど兵力的にも政体的にも無理っぽいな^^;

ひたすら、国力の増強にICを振ってきた訳だが、どのぐらい成長したのか見ておこう。
blazil2.png
物資や資源はイギリスから青写真をもらうのに使っているので伸びはまあ相応だけど、ICは三年で+10です。
結構成長したんじゃないかな?と思ったりするが、ドイツとかだと1年でIC+10とか簡単にやってのけてしまうんだよなぁ・・・
まあ、インフラの整備もかなりやってるので仕方ないといっちゃ仕方ないんだが・・・

日本が広西軍閥を併合。
国民党も重慶周辺だけを残すのみとなりもはや命運尽きたか・・・
WS000169.JPG

2月
「先進的建設技術」の研究が終了。「半自動車化騎兵師団」の研究を開始。
「基本型暗号作成機」の研究が終了。「豆戦車」の研究を始める。
2月9日
極東の巨龍−中国がついに滅んだ。
思えば、誰もがこの結果を予想していたために中国側に付かなかったのかもしれない。
国民党政府は重慶で日本との講和会議に臨み、国民党政府の即時解体と南京に日本による王兆銘を首班とする傀儡政権を樹立することで合意した。
しかし、各軍閥は日本との戦闘は国民党の脅迫によるものだとし王兆銘政府とは別に独自に独立をした。
再び、中華を舞台に戦乱が起こるのかそれとも南京政府の元に統一されるのかは予断を許されない状況であった。
WS000170.JPG

と、思ってる間に雲南軍閥と広西軍閥は中華民国に宣戦布告。
中国に安寧な日々が戻るのは何時の日になる事やら・・・
さらに、中旬に日本が西北三馬に宣戦布告。
先には泥沼の戦いしか待っていないようであった。

WS000172.JPG
当たり前だが、可決する。
先代大統領は左翼でIC-10%と言う素敵な大統領だった。
彼のような人物が再び大統領にならないよう共産党は禁止すべきである。

カンピーナスでインフラが完成。
後は、カンピーナスとマットグロッソの間だインフラが整えばアンデス方面への補給路が出来る。
これは、アンデス方面、果ては太平洋進出の記念すべき第一歩だ。

3月
またまた、イギリス様に青写真をねだる。
「基本型歩兵師団」「基本型野砲」「半自動車化騎兵師団」をゲット!
てか、ただでくれないとそのうち神の手を発動しty(ry

チェコスロバキアの終焉。
WS000173.JPG
ドイツはチェコスロバキアのチェコ地方を併合しスロバキアに傀儡政権を樹立させた。
連合国は2度目の世界大戦を回避するためにこれを黙認し、チェコスロバキアの尊い犠牲により世界の平和は守られたと考えていた。

サルバドールで工場が完成!

メーメル割譲
WS000174.JPG
チェコを併合したドイツは留まることを知らなかった。
今度はリトアニアにメーメル地方の割譲を要求しこれを承諾させた。
もはや、世界大戦は避けられない状況となってしまった。
ドイツは明らかに旧領の回復を目指しており次に狙うのは間違えなくダンツィヒであったからだ。

アルバニア併合
WS000175.JPG
ドイツの過激な行動に触発されたのか今度はイタリアがアルバニアへ全領土を要求すると言う暴挙に出た。
戦争となれば国力の差は圧倒的でありアルバニアに勝ちは無いのは火を見るより明らかであったが、国王のゾグ一世はこの要求を拒否。
アルバニアにもはや未来は無いと入っても過言ではない状況になってしまった。

ポーランド独立保障
WS000176.JPG
やっと、連合国も目が覚めたようでポーランドの独立を保障した。
これにより、ドイツは二面戦争を強いられる。
まさか、ドイツでも二面戦争は起こさないだろう。
そんな、甘い幻想が連合国首脳陣に広がりつつあった。

4月
イタリアがアルバニアを併合。
わずか8日の戦争であった。
ぶっちゃけ、ヘタリアにしてはがんばりすぎだ。

「半自動車化騎兵師団」の研究が終了。「基本型歩兵師団」の研究を開始。
「豆戦車」の研究が終了。「基本型野砲」の研究を開始。
よくよく、考えたら今年中に第二次世界大戦が始まる。
だけど、ブラジルは何の準備もしてないので見てるしかない罠。

5月
首都リオデジャネイロのインフラがついに100%に!
リオでは大統領自ら首都環状鉄道の開通式に出席しテープカットを行った。

6月
カンピーナスで工場が完成。
「基本型歩兵師団」の研究が終了。「基本型暗号解読機」の研究を開始。
「基本型野砲」の研究が終了。「基本型迎撃機」の研究を開始。
WS000177.JPG
遅延戦術ドクトリンの青写真を手に入れる。
ただ、もう90%代の時に来られてもね。
しかも、紅茶のシミがとか何とか言ってるが意味不明だし。
青写真のおかげ?で「遅延戦術ドクトリン」の研究が終了。「機動防御ドクトリン」の研究を開始。

7月
広西軍閥2度目の消滅。
もはや、哀れとしか言えない。

8月
リオで工場が完成。リオでの工場建設はこれで一区切り。
ゴイアス、マラバー、マカパでインフラが完成!
これで、首都からアマゾン川河口まで舗装道路が整備された。

モロトフ・リッベントロップ協定が史実通り締結。
これにより、ポーランドをソ連とドイツで分割することが決定。
さらに、ソ連はこの協定を拡大解釈しバルト三国へも手を伸ばそうとしていた。

8月30日
ついに、ベルリンの総統ヒトラーはポーランドに最後通牒を突きつけた。
内容は至極単純なものであり、ポーランドのダンツィヒをドイツに割譲するか全面戦争へと突入するかと言うものであった。
しかし、連合国の一員となっているポーランドはドイツと言え複数の国を相手に戦えるわけがないと高をくくっていた。
ポーランドの答えはもちろん「No」であり、ここに第二次世界大戦の火ぶたが切って落とされた。
WS000178.JPG

9月
「基本型暗号解読機」の研究が終了。「基本型自動車化師団」の研究を開始。
マラジョーでインフラが1完成。

10月
再び選挙。
左派を選ぶと強制的にIC-10%が待っている。
右派を選ぶと人は変わらないけど、再び自由経済派で民主主義最高!になってしまうので、現状維持を選択。

ドイツとソ連がポーランドを併合。
第二次世界大戦と言っても東部戦線で激しい戦闘が行われたのみで西部戦線はマジノ戦があるため異様な静けさに包まれていた。
もちろん、ブラジルに戦火が飛び火するはずもなくたいした兵力も持たないため連合でありながら蚊帳の外であった。

11月
マラジョーで工場が1完成。
インフラがクリティバで1完成。
またまたまた、イギリスに青写真をおねだりして「基本型自動車化師団」「生産管理」「生産計画」「戦場破壊ドクトリン」「初期型病院システム」の青写真をゲット!
てか、最初の一回だけただで後はこっちが対価払って青写真もらってるんですが・・・
もしかし、ブラジルは戦力外?^^;;

そして、中旬にはフィンランドの「かかってこい!相手になってやる!」の捨て台詞がとっても素敵な冬戦争が開始。
史実ではゲリラ戦術を多用したため兵站の攪乱に成功して善戦するんですが、HoI2じゃボコボコにされます。
それでも、併合まで行かないところがパラドの愛なのか?

「基本型迎撃機」の研究が終了。「戦場破壊ドクトリン」の研究を開始。
WS000180.JPG
はい?雲南って地球の裏側ですよ?
もしかして、南米の状況まで複雑怪奇になりつつあるのか?

12月
トルコまで雲南に宣戦布告。
おかしいだろ!と思ったら雲南の好戦性が402とかものすごいことに・・・
これが、俗に言う世界中を敵に回した状態なのか・・・
WS000181.JPG

「基本型自動車化師団」の研究が終了。「生産計画」の研究を開始。
カンピーナスでインフラ1が完成。

世界大戦が始まったものの、主戦場からほど遠いブラジルでは何が変わるわけでもなく一年が過ぎていった。
来年こそ、軍備拡大して南米各国とドンパチやりたいなぁと思いつつその目処はまったく立たないのであった。
タグ:地上の楽園
posted by りんざ at 00:37| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | HoI2AAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

マチブース

070720_1847~0002.jpg
今日の夕食にマチブースを作ってみました。(写真左側)
そう、大航海時代オンラインにおいて「インド洋の名物料理集」に乗ってる調理レベル10のあいつです。
インドでのNPC艦隊狩りにもってこい?の疲労回復10+複数効果のヤツです。

大航海時代のレシピでは材料は「魚肉」「水稲」「ガラムマサラ」となっているので滅多なことでもない限り作らないorz
ガラムマサラの作成が手間なんですよねぇ・・・(胡椒+クミン+コリアンダー。しかも、コリアンダーは欧州か採集でしか手に入らない。)

実際の作り方とかはDERACINeigeさんとかググって一番最初に出てきたマチブースの作り方の載ってるサイトを参考にしました。
とりあえず、ガラムマサラとかコリアンダーとかターメリックは無かったので「純インド産辛口カレー粉」を使用。
てか、カレー粉には大概ガラムマサラとコリアンダーとターメリックが入ってるので市販の固形カレー粉を包丁とかで砕いて使ってもいけそうだ。

まあ、調理方法とかは詳しく書くつもりはないですが、水は心なしか少ない目を心がけた方がいいかも・・・
東乃はちょっと少なくしすぎてパサパサだけどちょくちょく芯のあるご飯になりましたorz
あと、刻みニンニクをするのが面倒でおろしニンニクを使ったらニンニクの風味とか無くなったorz

<東乃が用意したもの>
ムニエル用タラの切り身
ブラックタイガー2尾
カレー粉(ガラムマサラとか入ってた方がいいかも)

小麦粉

胡椒
玉ねぎ
トマト
ニンニク(おろしより刻みニンニクの方をお勧めする)
オリーブオイル(サラダ油でも可)

実際作ってみると、最初にカレー粉で玉ねぎとトマトを炒めた後は炊飯器で炊きあがるまでに全ての工程が終わってしまうというお手軽料理だった。
だいたい、18時頃に作り始めて18時45分頃にはいただきますだったので1時間もしないで完成したことになる。
お手軽の割りにボリュームはしっかりしてるし、シーフードドライカレーと言った感じなのでしつこくはない。
何というか、夏場の定番に加えてもいいかなぁとも思う。

どこの料理なのかなぁ?と思ったらアラブの料理だとのこと。
てっきり、インド料理だと思ってたんですが^^;
あと、魚の代わりに羊肉や鶏肉を使ってもいいとのこと。
ちなみに、本場では牛肉と豚肉は絶対に使わないそうです^^;;;


え?写真右側は何って?
「爆弾もやし」と言うフライパンでもやしを塩・胡椒して炒めだだけという単純な料理です。
posted by りんざ at 21:14| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大航海時代ONLINE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米の冠たる国−1938年 連合加入。その意義は?

1月
プロデューサーさん!介入主義ですよ!介入主義!
WS000159.JPG
ついに、連合への加入が可能に!
WS000161.JPG
モンロー主義なんて糞食らえ!グッバイモンロー主義!
これで、ブラジルは世界の表舞台に立てるわけだな!ハハハハ!

1月1日
この日、首都リオデジャネイロでは新年を祝う祭典を行っている最中にもう一つうれしいニュースがもたらされた。
それは、連合国への加盟である。
大統領は臨時演説を行い。
これは、ブラジルが南米における枢軸の進出を食い止めるためブラジルが世界から大役を任された故の加盟であるという内容の演説をし国民を大いに奮い立たせた。

で、とりあえずは青写真をもらいに行くではなくて、相手が青写真をくれるのを待とうと思います。
先進国が技術的に劣る同盟国を支援するのは、まあ、当たり前だよね。
あと、「食品工業」の研究が終了。
続いて、「発展型工作機械」の研究を始める。
さらに、ヴィートリアで工場が完成!
これで、研究ラインが念願の3に!
早速、増えた研究ラインで初期型騎兵の研究を始める。
WS000162.JPG
で始めたとたん、イギリスから青写真がキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!

極東情報
どうやら、王兆銘(王はサンズイに王)工作を行わない模様。
日本は自力で中国の完全制服を行うつもりらしい。
当たり前の話だが、史実通り東京オリンピックが中止に。
そりゃ、平和の祭典のやるのに戦争中じゃまずいだろうね。

2月
ドイツが満州国を承認。
同時に、ドイツが極東に派遣していた軍事顧問団が召還された。
これにより、日独の仲は急接近し極東のみで終わるかに見えた戦争は世界大戦の気配さえ醸し出し始めた。

3月
ソ連で大粛清が始まる。
・・・正直、殺すぐらいならその将校をブラジルへ国外追放にして欲しい。
「初期型騎兵師団」の研究が終わったので、「初期型対戦車砲」の研究を始める。流石、青写真二ヶ月弱で研究が終わった。
WS000163.JPG
オーストリア人のトラウマ、アンシュルスが発生。
これにより、オーストリアは消滅し大ドイツの一地方となった。
まあ、自ら望んだからしょうがないと言えばしょうがないんですがね。
WS000164.JPG
さっさと、研究を終わらせたいので青写真をねだってみる。
レート的にはまあまあな気もするが、それでも中小国には厳しい。

4月
「発展型工作機械」の研究が終了。「初期型野砲」の研究を始める。
「初期型対戦車砲」の研究が終了。「基本型騎兵師団」の研究を始める。
サルバドールで工場が完成。
WS000165.JPG
再び暴走する政治家。独裁制に傾くため今回も無視することにする。

5月
「改良型計算機」の研究が終わる。「初期型爆撃機」の研究を始める。

6月
「初期型野砲」の研究が終わり、「大戦型病院システム」の研究を始める。
イギリスに再び青写真をねだる。今回は大戦型病院システムと後方地域車両修理工場と基本騎兵師団を交渉の末ゲット。
中国では内陸に工場を疎開させなかったために工業地帯の大半が陥落して国民党は虫の息となりつつあった。
WS000166.JPG
6月末でIC14/13と言う悲惨な状況に・・・
もはや、国民党は滅亡しか道は残されていないようだった。

7月
「基本型騎兵師団」の研究が終了。「初期型海兵師団」の研究を始める。
「初期型爆撃機」の研究が終了。「フライングサーカスドクトリン」の研究を始める。
リオのインフラが90%に!

8月
サルバドールでインフラが80%に到達。
ここで、1つ重大な事に気づく・・・
我がブラジルの研究陣では火力優越ドクトリンより電撃戦ドクトリンの方があっているのだが・・・
ドクトリン放棄が何故か出来ない!
空ドク、海ドクは放棄出来るのに陸ドクだけ放棄できないと言う悲劇。
うーん、やっぱりMODとか入れて色々いじったから反動が来てるのかなorz

原因判明しますたorz
仕方ないので、陸ドクの研究はアメリカが連合入りして青写真が貰えるようになってから・・・じゃ遅いかorz
とりあえず、イギリス様に青写真をねだる。
「基本暗号作成機」「基本暗号解読機」「フライングサーカス」「戦力交代」「発展型建設技術」の青写真をゲット。

9月
リオとサンパウロで工場が完成。これでICが52/43に!
「大戦型病院システム」の研究が終わる。
・・・何故か、ドクトリン放棄が出来るようになってる。
要するに、研究中は放棄できないって事なのか?
これで放棄出来るぞ!と思ったが、電撃戦ドクの青写真を貰える当てがないことに気づく。
枢軸ならまだしも、連合でこれはまずい・・・
それに、陸ドク研究陣のスキルが最高で4のブラジルにとっては取り直しは死活問題・・・
やっぱり、「遅延戦術ドクトリン」をそのまま研究することにする。
「初期型海兵師団」の研究が終了。「後方地域車両修理工場」の研究を始める。
イギリスに青写真をねだってるうちにドイツでズデーテンラントの割譲が起こる。
チェコが拒否できるはずもなく、ドイツは益々膨張している。

10月
「フライングサーカスドクトリン」の研究が終了。「戦力交代ドクトリン」の研究を始める。
WS000167.JPG
はあ?アメリカ人は常に頭がポーリーなのか?
と、思ったがラジオドラマ「宇宙戦争」によって全米がパニックになったあの事件らしい。
ちなみに、翌年エクアドルで放送されて死者21名を出す大惨事になったとかなんとか。

11月
「戦力交代ドクトリン」の研究が終了。「基本暗号作成機」の研究を始める。
「後方地域車両修理工場」の研究が終わる。「先進的建設技術」の研究を始める。

12月
ヴィートリアで工場の建設が完了。
ブラジルが誇る首都近隣工業地帯がほぼ完成!

そして、1938年も終了。
世界は確実に大戦へと歩みつつあった。
だが、ブラジルは何の準備も出来ていなかった。
タグ:地上の楽園
posted by りんざ at 20:41| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | HoI2AAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米の冠たる国−1937年 その時歴史が動いた?

1月
年始めの恒例行事!スライダーの操作ですよプロデューサーさん!
WS000147.JPG
と言うわけで、今年も介入主義に振りました。
気が付けば、大臣が変更できるようになっていますがどれもあまり役に立たないので変更無し。
と言うか、俺は国家元首が!大統領が変えたいんだよ!

ちなみに、スペイン内戦は
WS000148.JPG
共和国軍涙目な状態です。
珍しく、史実通りフランコ率いる反乱軍の勝利となりそうです。(筆者のコレまでのプレイでは、共和国が勝ってるほうが多い気がする。)
で、予想通り1月25日に反乱軍の勝利でスペイン内戦は終了。
7ヶ月弱という史実より二年近く短く内線は終了した。
当たり前だが、この世界ではゲルニカの爆撃は行われるはずもなく(史実では1937年4月26日)ピカソの「ゲルニカ」ももちろん誕生しないはず。

あとは、こんなのが起こった。
WS000149.JPG
まあ、どうでもいいけどと言うことで無視しておいた。
日本では「腹切り問答」が起こった模様。

2月
ヴィートリアで工場が完成。
あとは、モンゴルで政権交代があったぐらい。
いやぁ、平和っていいですねぇ・・・

3月
「初期型歩兵師団」の研究が終了。
でも、ICに余裕が無いので改良は後回し。
「後方地域補給物資集積所」の研究を始める。

4月
日本では「食い逃げ解散」が起こる。
まあ、何というネーミングセンス・・・
我がブラジルでは「農業化学」の研究が終了。
「基本計算機」の研究を始める。

6月
WS000151.JPG
中国で「廬溝橋事件」が発生。
史実通り、日本は山西軍閥に宣戦布告して泥沼の戦争が始まりました。
WS000152.JPG
で、その後、南方の雲南軍閥に国民党が宣戦布告。
それに危機を感じたのか、広西軍閥が国民党に宣戦布告。
日本以前に国民党が泥沼の気配・・・

7月
山西軍閥と雲南軍閥、広西軍閥が軍事同盟を締結。
中国共産党が山西軍閥に宣戦布告。
これにより、山西軍閥は四面楚歌に・・・
そこに、新彊も山西軍閥に宣戦布告して。
もうなんだか、中国戦線は複雑怪奇なりと言う状況ですな。

ブラジルはと言うと、相変わらずで「後方地域物資集積所」の研究が終わり、新たに「食品工業」の研究を開始しました。
あと、そろそろ改良もした方がいいだろうと言うことでICを0.5だけ改良に投入。

8月
WS000153.JPG
史実通り、防共協定が締結。ドゥーチェ干されなくてよかったね。
WS000154.JPG
蒋介石マジックにより山西軍閥が消滅。
共産党、国民党、日本にフルボッコにされた山西軍閥に生き残る道なんて無かったんですね;;
WS000155.JPG
そして、第二次上海事変を切っ掛けに日本対国民党の本格的な戦争が・・・
さらに、アメリカからの支援ピットマン法を蹴る&工場を内陸に疎開させない国民党。
まさに、背水の陣ですな。

で、そのころ我がブラジルでは・・・
WS000156.JPG
国民に対しボッタクリ価格でコーヒーを提供し続けた会社を政府が強制的に国営化していた。

9月
地球の裏側では、南京大虐殺とかパネイ号事件とかトラウトマン工作の失敗とか起こったみたいですけどあんまり関係ないなぁ。
そんなことより、ヴィートリアからサルバドールへ高速道路が延びたことの方がめでたい!

10月
リオデジャネイロとサンパウロで初の地下鉄が開業!
大統領自らが開業の式典に参加し、さらにインフラの整備を進めることを国民に誓った。
と、脳内補完。
とりあえず、サンパウロとリオのインフラが80%に到達。
リオはそのまま100%を目指しますが、サンパウロは打ち止め。

10月11日−その時歴史が動いた
第16代ブラジル大統領を決める選挙が行われた。
選挙は現大統領ヴァルガス氏とゴメス氏の一騎打ちとなったが、選挙直前に現大統領が国営工場から不正にコーヒーを搾取していたことが判明。
国民の現大統領に対する不満は高まり、自由貿易と民主的な政治を訴えたゴメス氏が当選することになった。
WS000157.JPG
これでやっとIC-10%の地獄から脱出だぜぇぇぇぇぇ!
しかも、大臣にIC+5%の人物が居る!
まあ、指揮官のスキル-10%とか言うヤツも居るがIC-10%に比べれば・・・
WS000158.JPG
まあ、おかげで後1スライダーを介入主義に動かさないと同盟に参加出来なくなりましたけど。
もちろん、民主主義はMAXに近いので宣戦布告なんてヽ(´ー`)ノ

後は、21日に工場がサンパウロとリオで完成&30日にヴィートリアでインフラが完成!
これで首都隣接プロヴィンスが全てインフラ80%に、研究ライン3まであとIC1となった。

11月
ソ連においてZ作戦の中止が決定。
世界中から見放された中国に生き残る道は無いように思える。

12月
中国戦線は益々混迷を極めている。
出来ることなら、我が国から観戦武官でも向かわせたところだが中立主義のブラジルには出来ない芸当だろう。
あと、「基本型計算機」の開発が終了した。
暗号系が絶望的なので連合加入後の青写真を待つことにし、「改良型計算機」の開発を始める。

そして、1937年が過ぎていく。
世界は極東アジアを省いて平和そのものだった。
中南米ではクーデターが日常茶飯事になってきているが、我がブラジルには関係ないと思いたい。
posted by りんざ at 04:25| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | HoI2AAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米の冠たる国−1936年 とりあえず、道がなかった。

WS000136.JPG
えっと、現在ブラジルは政体が急進的左翼となっております。
国家元首がどうしようもなく使えないヤツなので、こいつを何とかしないとブラジルの未来はないですね。

とりあえず、初年度はスライダーを介入主義に振りました。


WS000137.JPG
WS000138.JPG
技術陣は結構優秀なのがそろっていて、数学系の研究以外なら苦労しそうにないです。

で、ブラジルは南米の国の例に漏れなくインフラが最高で60%と言う国。
実際、インフラなんて整備する必要はあんまり無いのかもしれませんが、脳内補完の失業対策としてインフラの整備と研究ラインを3にするために工場の建設を優先的に進めたいと思います。


え?軍隊?
blazil.png
初期配置では、民兵2個師団と第一次世界対戦型戦艦2隻、軽巡洋艦2隻が居たのですが、解体させてもらいました。

あと、陸軍は特性に兵站管理のある将校のもとにまとめて物資の節約。

研究は産業優先で、当面は連合への加入を目指すつもりなので戦争はしません。
たぶん、戦争を始めるのは連合がヨーロッパで手一杯になる1939年以降になる予定。
それまでは、ひたすら工業化とアマゾンハイウェイの建設を進めます。

で、とりあえず2つある貴重な研究ラインで「基本型工作機械」と「人口統計表」の研究を開始。
大臣は変えようと思ったが、変えられなかったorz

と、とりあえず、スタート。

5月
「基本型工作機械」の研究が終わる。
これでやっとIC-5%に・・・
この間に、ドイツではラインラント進駐が起こったり日本で2.26事件が起こったり、パラグアイで革命が起こったりしたが全部ブラジルには関係ない。
てか、真面目にクーデターでも起こってこの脳内お花畑に違いない急進的左翼な国家元首を亡き者にしたい(ォ
とりあえず、引き続き「改良型工作機械」を研究させることにする。

6月
「人口統計表」の研究が終わる。
キューバで右翼クーデターとか、ニカラグアで軍国主義者のクーデターとか、スウェーデンで夏政府が始まったりとかしたけど世界は平和である。
次は「機械化農業」の研究をさせることにした。
農業は国の基盤だと思う。

7月
我が国初のスパイが誕生する。
国内に潜入させたスパイは大いに防諜活動をしてくれるはず。
ヨーロッパではスペイン内戦が起こった模様。
各国の対応は史実通りの模様。
反乱軍側−ドイツ、イタリア、ポルトガル
共和国軍側−ソ連、メキシコ
イギリスとフランスは見て見ぬふりの模様。
個人的には、参戦した方が青写真貰えるから美味しいと思うんだが・・・
で、ブラジルはモンロー主義のため介入するはずもなく。
たぶん、貿易の要請が何件か来るだろうからボッタクリレートで取引してやることにしよう。
一応、急進的左翼なんで共和国軍を応援しますよ!と脳内補完しておく。

9月
8月は東京オリンピックの開催が決まったぐらいで何もなかったorz
スペイン内戦の方は予断を許さない状況の模様。
WS000145.JPG
まあ、ぶっちゃけどっちが勝ってもいいんですけどね(ォ
あと、スウェーデンでは夏政府が終了。
マジで、夏の間だけでした。

11月
スペイン内戦は史実通り反乱軍の勝利で終了しそうな気配になってきた。
WS000146.JPG
アメリカでは大統領選挙が行われたようで、史実通りフランクリン・ルーズベルトが当選。
あと、我がブラジルでは「改良型工作機械」の研究が終わりICが+−0%に!
しかし、あの大統領さえ居なければIC+10%だと思うと・・・

11月26日
この日、首都リオデジャネイロとサンパウロを結ぶ高速道路が開通。
また、国営工場がリオデジャネイロとサンパウロで同時開業した。

と、脳内補完。このゲームいかに脳内補完するかで楽しさが違うって偉い人が言ってた。

12月
「機械化農業」の研究が終了。
・・・イギリスがエドワード8世の退位に置いて「いいえ」を選択。
どうやら、イギリスは色ボケ王と共に歩む道を選んだ模様。
まあ、世界を破滅から救ったと考えれば悪くない選択か?
キューバは2回目のクーデター。今度は「軍国主義者」によるものらしい。
あと、リオデジャネイロとヴィートリアの間で高速道路が開通。

と言う感じで、1936年は終了。
世界は小さな争いはあるものの基本的に平和であった。
と言うか、世界恐慌の影響で自国内が手一杯なんだと勝手に思っておく。
タグ:地上の楽園
posted by りんざ at 01:52| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HoI2AAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。